7月21日 美容師がクビになる、、、

おはようございます

今日は 美容師の練習用のウィッグ(カツラ、マネキン)について

よく お客様に質問されるのですが、
あの人形って 切ったらどうするの?
捨てるの?と聞かれますが

通常 ロングスタイルから練習して最後はボウズにして 燃えないゴミに。
ちなみに髪の毛は燃えるゴミです。

でも当たりが出ると

↑カットしても 置いておけば伸びてくる物もあります。



値段はカット用の物で2〜3000円くらい
セット用などで、髪の毛が長くて多い物は2〜5万円くらいします。


昔は髪質も良かったのですが、
現在の安価な物は くせ毛で量も少なくロングの練習が難しい物が多いです。
僕が出会った中で一番ひどかったのは、タコ糸が植えてありました。

ちなみに 人毛でパーマやカラーリングも出来ます。


↑現在のウィッグ  量がまばらでピョロピョロ
トップのボリュームがありません





ちなみに着付けなどの練習に使うボディは


↑このような物を使います。
帯などが痛いと <いっててて>と言います。



美容師の間ではウィッグとかウィッグちゃんとか、ウィックって呼ぶ人もいますが多分間違っています。
名前を付けて可愛いがる人もいます
大抵はマジックでどこかに名前が書いてあります。
できればWIGと正しく発音した方がカッコ良いですね。

クビを刺して机などに固定する器具をクランプと言いますが、マンリキと呼ぶ人もいます。
こちらは丁寧に<お>をつけて呼ばないようにしましょう。






美容師は ウィッグに取り憑かれる人も多く

常にこれで技を磨きますが、

僕はそんなこともなく
↑普通にボーリングにも行きますし



↑ボーリングにも行きますし、、、


↑ボーリングにも行きます!




今回は 美容師の7つ道具  モデルウィッグのご紹介でした。
機会があったらまた何かご紹介します。

それでは!!




江東区北砂砂町銀座美容室
ヘアーシップリボーン
03-3699-0664





江東区北砂砂町銀座 ちょっと変えたいあなたのために hair SHIP reborn 美容師 相澤一也のブログ

東京江東区北砂にある hair SHIP reborn(ヘアーシップリボーン)店長 美容師歴23年 自身も癌患者の家族であり、癌を経験しました。同じ病気の方に何かお手伝いできることはないかと考えていました。 オーダーウィッグ、ヘアードネーション、七五三の新日本髪、超オーガニックのハナヘナ、も行っております 特技はヘアーを通してあなたを笑顔にさせること 気になる情報は上のバナーからお探しください

0コメント

  • 1000 / 1000